労務問題を抱えている所の特徴

最近はブラック企業という言葉をよく聞くようになりました。
ですが、ブラック企業のイメージというと真っ先に労働時間が長い企業というイメージを持ちます。

ですが、実際にはいろんな企業がいろんな問題を抱えています。中でも多いのが
労働基準法に抵触するような働き方を平然とさせているような企業です。

それは必ずしも労働時間の問題だけでなく雇用保険や社会保険といった労働者保護を目的にした
制度を不当に歪める企業があります。

例えば雇用保険の場合は解雇されたような場合はすぐに雇用保険を使って失業手当を受給できます。
ですが、企業が頻繁に事業主の都合で解雇をしているとお上から目を付けられる事になります。

それを嫌がって労働者が会社を辞める時の理由を自己都合にさせて辞めさせる企業があります。
もちろんそういう企業ばかりではないですが悪質な企業はそういう事を平然とします。

そのせいですぐに雇用保険を使って失業手当をもらえたはずの人がすぐに失業手当を受給できない事があります。そういう事をしている企業は他にもいろんな問題を抱えています。

その中でも一番悪質なのが賃金の問題です。よくあるのが残業代の不払いの問題です。
よく管理職手当という名目でそこに残業代も含まれているという言い訳をする企業があります。

確かにある程度の残業ならそれに含まれるという考えが成り立つ事はあります。
ですが、だからと言ってその定額の管理職手当を払っていればいくら残業をしても
残業代を払わないで良いという事はないです。

ですが、悪質な企業は管理職手当を払っていればいくら残業時間が長くなっても
良いと思っています。そういう問題を抱えて会社を辞めた元社員と争いになるという
話が最近は多いです。

それは最近は残業代の不払いの問題に弁護士も積極的になっていてそれまで残業代を諦めていた人も
不払いの残業代の請求をしようという流れになっているからです。

そしてそういう問題が頻繁にある会社は他の労務問題も多く抱えているという特徴があります。

PR|生命保険の選び方GetMoney童話英語上達の秘訣お家の見直ししま専科心の童話SEOアクセスアップ相互リンク集マッサージのリアル口コミ.com生命保険の口コミ.COMJALカード工務店向け集客ノウハウ内職 アルバイトサプリメントサプリメント家計見直しクラブ健康マニアによる無病ライフ初値予想