離婚の原因は細かい注意の重なり

離婚をする時は、かなりどちらかが我慢をしている時ですね。私の場合もかなり我慢がありました。暴力を振るわれたということではありませんが、毎日ちょっとした事で注意を受けることが辛かったのです。その度、今度はどんなことを注意されるのだろうと、毎日びくびくして暮らしていました。

 

そんな時、このまでいいのかなと思うようになったのです。とても経済的には恵まれている状態です。しかし幸せかと言うと、幸せではないのです。好きで結婚をしたものの、お見合いだったので結婚をするのが早すぎました。その結果、相手のことを十分に知らずに結婚をしてしまったという感じになったのです。

 

そして決断をすることにしました。離婚をしたいことを、伝えたのです。すると相手は、とても動揺していました。そして考え直して欲しいということを言われたのですが、もっている性格は変わることはないと思って、姫路市内で評判の良い弁護士と相談して離婚に踏み切りました。そのことは、後悔していません。よかったと思っています。