おじいさん社員のホステス要員

私は女性ですが、20代~30代にかけて、セクハラが横行する企業に勤めていました。
古い体質の企業で、かつてのエリートが今はシニアの嘱託として勤務継続していて、
当時の権威を背負ったまま会社に居続けるので、彼らの時代の常識こそ
今の常識という扱われ方をしていました。

ですので、セクハラといっても当時はそれが当然だった、という感じで、
悪意があっていやらしい事をしているつもりが全くないのです。
むしろ本人たちは部下との交流だと思っているふしがあり、
「〇〇さん、今はそういう事をしてはいけませんよ」と言っても
彼らには全く通じず、周囲の社員も彼らにそれ以上強く言えずという感じでした。

仕事中に突然肩を揉まれたり、頭をポンポンとされるのは序の口、
結婚しろ子供を産めというお説教も毎日でした。
最悪なのは職場での公式な飲み会の時、女性社員は彼らと
チークダンスを踊らなくてはならなかったことです。
踊りそのものは、執拗に体を撫でまわされるようなこともなく、
マナーはわきまえていたのでしょうが、女性だからという理由で、
何が悲しくておじいさんと体を密着させてチークダンスを踊らなくてはいけないのかと
当時は本当に悔しかったです。